본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「サウジが防弾少年団の公演を望む理由、別にある?」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

グループ防弾少年団

10月サウジアラビアで開かれるグループ防弾少年団(BTS)のコンサートをめぐって多様な解釈が提起されている。一部ではサウジがBTSなどアーティストを経済・社会改革の一つとして引き込んでいるという批判も出ている。

英BBCは15日(現地時間)、「なぜサウジはBTSのようなスターの公演を望むだろうか」という見出しの記事を通じてサウジがその間の歩みと違って世界有名アーティストの公演を誘致するなど、宥和的な態度を取っていると報じた。

BBCは「改革」を夢見るサウジがその一環としてBTSなど有名アーティストの公演を誘致していると分析した。

同時に経済・社会的な環境変化をその原因に選んだ。長い間石油に依存してきたサウジが全世界の石油価格の不安定性に打撃を受けて新しい経済開発動力を探しているということだ。

また、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が2016年から打ち出した「ビジョン2030」に言及した。ビジョン2030はムハンマド皇太子が企画した中長期経済発展戦略で、脱石油時代を準備するための改革案だ。ムハンマド皇太子はビジョン2030で「不定期のメッカ小巡礼(ウムラ)」の参加者数を年間約800万人から3000万人水準に増やすなど外国人の投資誘致のために取り組むと明らかにした。これを通じて観光産業を活性化させるという戦略だ。

メディアはビジョン2030に含まれた観光産業の成長戦略の中の一つがエンターテインメント事業だと分析した。エンターテインメント事業成長を通じて外国人の投資を誘導し、経済改革につなげるという狙いということだ。同時に、BTSのような有名アーティストのコンサートで外国人観光客を誘致し、全世界に開放的なイメージを与えるという戦略とも付け加えた。

実際のサウジはBTSに先立ち、マライア・キャリーなど海外ポップスターのコンサートを誘致し、昨年は35年ぶりに商業映画館を再開館した。外国人訪問客を増やすとして3月からビザ発行の要件も緩和した。

さらに、女性人権問題も言及された。BBCはサウジが最近、女性人権問題から脱しようと努力しており女性の運転禁止や特定場所の出入り禁止を解除するなどがその例といった。また、女性への規制が緩和されたのは事実だが、女性や性的少数者の人権がどれほど向上したかは疑わしいという住民の反応を伝えた。

BTS公演の誘致をめぐるサウジの思惑についてBTSファンも意見が分かれている。国際人権保護機関(HRF)の行動主義者などサウジ公演反対側は「BTSがサウジの女性人権問題などを考慮して公演を取り消すべきだ」と主張する。彼らは最近、サウジ公演を取り消した米国女性ラッパーのニッキー・ミナージュを事例として提示した。これに先立ち、ミナージュは18日サウジで開かれるジッダ世界フェスト(Jeddah World Fest)に招待されて公演する予定だった。だが、米国人権財団であるヒューマン・ライツ・ウォッチから公演撤回を要求する公開声明書を受けた後「女性と性的少数者の表現の自由を明確に支持することがさらに重要だ」として公演の取り消しを決めた。

一方、サウジのファンはアーティストの公演に政治的状況を考慮する理由はないとしてBTSのサウジ公演を歓迎している。特に、BTSのサウジ公演の便りが伝えられると「わが国にも来てほしい」という中東圏のARMY(BTSのファンクラブ)の要請も相次いだことが分かった。実際、中東圏のARMYはツイッターやインスタグラムなどSNSを通じて「クウェートにも来てほしい」というメッセージを送っている。

BTSは10月サウジの首都リヤドのキング・ファハド国際スタジアムの舞台に上がる。主にサッカー競技場で使われるキング・ファハド国際スタジアムは7万席を備えた大規模の公演会場だ。女性の出入りを許可しなかったサウジは2017年9月、建国記念日祝賀公演を契機にこの競技場に初めて女性の出入りを許容した。BTSが予定通りにサウジで公演を開くことになれば、BTSは競技場公演で単独コンサートを開く最初の海外歌手となる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기