본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ユネスコ世界遺産、韓国は14件…日本は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

「韓国の書院」を含む29件の新たに登録したユネスコ世界遺産委員会(WHC)。

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録を決定する世界遺産委員会(WHC)が「韓国の書院」を含む29件の新たに登録し、人類のために保護すべき世界遺産が1092件から合計1121件に増えた。中国とイタリアはこれまで世界遺産が各55件登録され、共同最多保有国になった。韓国は朝鮮時代に各地に建立した性理学教育機関である書院9カ所をまとめた「韓国の書院」(Seowon、Korean Neo-Confucian Academies)を世界遺産リストに登録し、合計14件の世界遺産保有国になった。アジアでは中国が「良渚考古学遺跡」と「黄海渤海沿岸の渡り鳥保護区」を世界遺産に登録し、日本は大阪の古代古墳群「百舌鳥・古市古墳群」を追加した。世界的に有名なミャンマーの仏教遺跡「バガン」とイラク・バビロニア王国の首都「バビロン」はようやく世界遺産になった。特に「バビロン」はイラク政府が1983年に世界遺産登録の申請をして以来36年ぶりに実を結んだ。また、ラオスの「シエンクワーン県のジャール平原の巨大石壺遺跡群」とインドネシアの「サワルントのオンビリン炭鉱」、インドの「ラージャスターン州のジャイプール市街」、イランの「ヒルカニアの森林群」も世界遺産に登録された。他にもイタリアの「コネリアーノとヴァルドッビアーデネのプロセッコの丘」、アメリカ建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの建築物を束ねた「フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群」、ロシアの「プスコフ建築派の聖堂群」、ポルトガル「マフラ国立宮殿」、カナダの「ライティング・オン・ストーン」が世界遺産になった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기