본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】「世界化の優等生」韓国、各自で生き残る脱世界化に直面する(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

【コラム】「世界化の優等生」韓国、各自で生き残る脱世界化に直面する

昨年9月25日にトランプ米大統領は国連総会での演説で「米国は米国国民によって統治される。われわれは世界主義理念を拒絶し愛国主義を信奉する」と言及することで自身の脱世界化路線を世界に知らせた。短くてこの30年、長くて第二次世界大戦後に米国が主導してきた世界主義を米国自ら破棄することにより世界は脱世界化時代に移行している。果たして米国は脱世界化路線を通じて米国の国益を確保するのに成功するだろうか。脱世界化路線は世界経済にどのような影響を及ぼすだろうか。

すでにトランプ大統領は2017年1月に前任のオバマ大統領が力を入れてきた環太平洋経済連携協定(TPP)を脱退した。同年6月には米国の労働者の利益を最優先で保護するという選挙公約を守るという理由で地球温暖化防止のために195カ国が加入したパリ協約を脱退した。

世界化、国家主権、民主主義の3つのうち2つを選択するほかないというダニ・ロドリック『グローバリゼーション・パラドクス』のモデルによると、世界主義時代には各国が経済的利益を得るために世界化を上位価値にし、国家主権と民主主義を譲歩した。しかし脱世界化時代には国民が要求する政治と国益を確保するために世界化を拒否する構造に変える。

脱世界化は米国だけでなく欧州でも広がっている。5月に欧州連合(EU)議会選挙で中道保守政党と中道進歩政党の議席は過去初めて過半数割れしたが、民族主義政党と極右ポピュリズム政党と緑色党が躍進した。こうした選挙結果は今後欧州での脱世界主義熱風を予告している。

地殻変動は深刻だ。貿易体制は多者間協定中心から地域または個別貿易協定中心に、国政の中心は世界問題中心から国内問題中心に移動する。また、経済論理より政治論理が先を行く。国際的問題解決方式は協定が定めた規則中心から2国間交渉に流れる。一言でどんな結果も保障されない各自で生き残る時代が来た。普遍的予想の実現を壮語しがたい不確実性の時代が来たと言える。

◇米国、世界の守護者放棄

第二次世界大戦後にソ連主導の社会主義との体制競争で米国は民主主義と市場経済体制の守護者として同盟国にブレトン・ウッズ体制の垣根を提供した。すなわち同盟国に基軸通貨であるドルを供給し、低い関税で米国市場を開放し、経済開発を促進した。米国は世界平和の守護者の役割をしながらも寛容的だった。

しかし米国は安保では2001年の9・11テロで、経済的には「中国ショック」で産業の弱化と失業の増加で国内の苦痛が増大するにつれ世界平和と繁栄の守護者として寛容と寛大さを守るのが難しくなった。ここに世界金融危機により二極化の傷が深まり、中産層が崩壊し、生活の基盤を失った市場の敗者が量産された。米国上位10%の所得の割合は1980年の10%から2016年には20%に高まったが、同じ期間に下位50%の所得の割合は20%から13%に低下した。

【コラム】「世界化の優等生」韓国、各自で生き残る脱世界化に直面する(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기