본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】文在寅政権発の韓日関係破綻の恐怖(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本大使を務めた柳明桓(ユ・ミョンファン)元外交通商部長官は日本の心理をよく把握している。韓国が1997年の通貨危機当時に国際通貨基金(IMF)行きという屈辱を経験することになった決定打は日本の短期外債の回収だったとみる。柳氏は「韓国を最もよく守るのが日本だと考えてきたニューヨーク・ロンドン・香港の金融市場は大変な事態になったとみて次々と韓国から資金を抜いた」と話した。

その2年前の1995年11月14日、金泳三(キム・ヨンサム)大統領と江沢民国家主席の韓中首脳会談後の記者会見での発言が禍根となった。「南京大虐殺をどう思うか」という質問に対し、江沢民は「幼かった頃に私が実際に見たが、日本はそのようなことはなかったとしらを切る」と述べた。金大統領は「日本の政治家の妄言が続いている。悪いクセを直す」と語った。日本は驚いた。大統領外交秘書官として現場にいた柳氏は「この発言がIMF行きを招いた」と振り返った。

文在寅(ムン・ジェイン)政権が慰安婦合意を無力化し、強制徴用者に対する日本企業の賠償責任を認める最高裁の判決が出てから、韓日関係は悪化の一途だ。日本は「日韓協定に基づく国家間の約束を破った」と主張している。加害者である日本が被害者になるというあきれる状況を韓国が自ら招いた。通貨危機当時のように日本が韓国に致命傷を負わせる可能性を懸念する人が多い。日本はすでに慰安婦少女像設置を問題にして韓日通貨スワップ交渉を中断している状態だ。

申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は両国経済を「世界バリューチェーンと部品サプライチェーンで相互依存的な関係」と説明する。許昌秀(ホ・チャンス)全国経済人連合会(全経連)会長は「韓日関係が良い時、韓国の経済は良かった」と言う。最近は何かおかしい。朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大教授は「韓国に来る投資が中国や台湾に向かう事例が生じている」と話した。

一方、日中は蜜月関係だ。日本は23日の中国海軍創設70周年記念観艦式に帝国主義の象徴である旭日旗を付けた自衛隊護衛艦を派遣する。中国が日本とどれほど親しく接しているかを象徴する事件だ。中国の習近平国家主席は今年6月28日に大阪で開催されるG20会議に出席するため日本を訪問する。8年7カ月ぶりの中国最高指導者の訪日だ。

安倍首相は昨年10月、約500人の経済使節団と共に日本首相としては7年ぶりに中国を公式訪問した。3兆円規模の日中通貨スワップ協定を締結し、2兆円規模の企業間経済協力にも合意した。第3国進出での経済協力と投資のためのファンドも共に設立することにした。世界2、3位の経済大国である中国と日本がトランプ大統領の通商圧力に対抗して手を握ったのだ。

中国はもう米国から先端技術を得るのが難しい。米国の中国産輸入品関税引き上げで輸出が減少し、成長率も低下している。日本と親しく付き合うべき理由が多い。そのためか、南京大虐殺追悼式でも日本に向けた過激な発言は消えた。未来のために過去の屈辱には口を閉じたのだ。

7月の参議院選挙を控えた安倍首相としては楽しい状況だ。ここで日本が経済協力の大きな流れを中国側に完全に変えてしまえば韓国には災難になるだろう。

【コラム】文在寅政権発の韓日関係破綻の恐怖(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기