본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<ハンガリー遊覧船沈没>クルーズ船船長、事故状況の陳述拒否…弁護団は辞任

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ハンガリーのドナウ川で遊覧船を沈没させた容疑で逮捕されたクルーズ船の船長が事故当時の状況についての陳述を拒否しているとハンガリーの現地メディアが8日に報道した。7日には船長の弁護団が突然辞任している。

AP通信などによると、クルーズ船の船長は事故当時の状況について陳述していない。船長はこれまで44年間無事故の航海士だとして無罪を主張してきた。

しかしハンガリー検察の取り調べの結果、船長は事故直後に携帯電話のデータをすべて削除したことが確認されており、証拠隠滅の疑惑が提起されている。また、当初の主張と違い4月にはオランダで別の事故を起こしていた事実まで明らかになった。

船長の弁護を引き受けた弁護士も沈没事故直後に船長は1度も事故を起こしたことはないとし、今回の事故と関連して何の罪も犯していないとして保釈を申請した。

だが船長の証拠隠滅と過去の事故歴が明らかになり、船長の弁護団は辞任を決めた。弁護団は辞任理由を明らかにしていないが、船長が不利な状況に追い込まれていると判断したとみられる。

船長は新たな弁護人を雇ったという。現在拘束されている船長は条件付きで保釈を認められたが、検察が抗告しており令状抗告審査を控えている。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기