본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「天皇謝罪」発言の文喜相氏が日本に特使派遣?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国国会の文喜相議長が10日午前、ソウル汝矣島の国会ローテンダーホールで大韓民国臨時議政院開院100周年記念式で記念演説をしている。(写真=国会写真取材団)

「戦争犯罪の主犯の息子である天皇が慰安婦おばあさんに謝るべきだ」という要旨の発言が論争を呼んだ韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が韓日関係回復のための特使派遣の意向を日本側に伝えたと産経新聞が18日、報じた。文氏はこのような考えを韓日議員連盟の日本側カウンターパートである日韓議員連盟側に伝えたという。連盟関係者を引用した報道で、産経は「文氏は周囲に日本への訪問の意向を示していたが、発言をめぐる日本側の反発を考慮して特使を派遣する方向で調整している」とし「特使の派遣とは別に、韓国の国会議員らの訪日も検討されている」とした。しかし、日韓議員連盟の幹部は産経に対して「(特使派遣は)まだ可能性があるという段階だ。韓国側も今のままではまずいと考えているということだろう」と話した。産経は「6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を前に事態の収拾を図る狙いがあるとみられる」とし「ただ、発言に対する日本側の反発は強く、特使派遣が実現するかどうかも含めて不透明な情勢だ」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기