본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「天皇謝罪」日本の反発に…文喜相氏「安倍氏まで出てきたのは理解できない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文喜相(ムン・ヒサン)国会議長

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が12日(現地時間)、慰安婦問題に対する天皇の謝罪を求めた発言に関連し、安倍晋三首相をはじめ日本政府が発言撤回と謝罪を求めたことに対して「謝るような事案ではない」と一蹴した。

文議長はこの日、米国ワシントンDCで開かれた特派員懇談会で「私がした話は普段からの持論であり、10年前から話してきたこと」としながら「根本的な解決方法に関しては今でもそのように考えている」と述べた。

文議員は「慰安婦問題において最も基本的な問題はただ一つ、心のこもった謝罪」としながら「誠意ある謝罪が一言あれば終わることを、なぜこのように長々と引っ張っているのかというところに私の言葉の本質がある」と強調した。

文議長は「合意書が何十件あっても何だというのか」としながら「被害者の最後の容赦があるまで謝れということ」と話した。

続いて「なぜこのように大きな問題なるのか。さらに官房長官が出てきたと思ったら、安倍首相まで出てきてこのようにすることについて到底理解することができない」と批判した。

文議長は「(他界した)金福童(キム・ボクドン)おばあさんが願っていたのは、日本を象徴する最高の人である安倍首相が謝るというハガキ一つでも送ってほしいということだった」とし「ところで毛頭ほども(意志が)ないと言うところをみると、このように(事態が)広がっては収拾がつかない(という気がする)」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기