본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国国防部「日本の韓国軍艦レーダー情報要求は非常に無礼」

ⓒ 中央日報日本語版

崔賢洙(チェ・ヒョンス)国防部報道官

14日にシンガポールで開かれた韓日実務協議で日本側が韓国軍艦のレーダー情報全体を要求したことに対し、韓国国防部が「非常に無礼」という立場を明らかにした。

国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は15日、ソウル国防部庁舎で開いた定例記者会見で「日本は今回の事案に関連して『スモーキングガン』(決定的証拠)といえる我々の軍艦のSTIRレーダー(追跡レーダー)の周波数を公開しなかった」とし「日本は一部のデータだけを話しながら、我々の軍艦レーダー情報全体に対する要求をした」と明らかにした。

崔報道官は「我々としては受け入れがたい要求をした」とし「我々に対するこうした要求は非常に無礼な要求であり、事案を解決する意志のない主張だとみている」と強調した。

崔報道官は日本哨戒機の低空威嚇飛行について「日本側は威嚇飛行でないと主張をするが、我々の乗組員が威嚇を感じるほどの雰囲気だったという部分については一部うなずく部分があったと聞いている」と明らかにした。

韓国と日本は14日、シンガポールで韓日レーダー問題をめぐり実務協議を行った。午前10時30分(現地時間)から韓国大使館で最初の会議を行い、午後には日本大使館で会議を続けた。双方は午後8時30分まで10時間ほど会議を繰り返したが、結局、隔たりを確認するだけで共同声明文は調整できなかった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기