본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【中央時評】三・一運動100周年(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
三・一運動(独立運動)100周年を迎える。韓国戦争(朝鮮戦争)とあわせて現代韓国の最大の山であり事件だ。今日の私たちを形作った精神の源流であり思想の根だ。未来の価値であり指向だ。我々自らが世界すべての人と同じように「自ら」手に入れた自由であり独立で、「共に」平和であり尊厳であることを世界万国に知らせた日だ。

いったい三・一運動はどのように始まったか。自己更新の努力がその根だ。新たな世界を作ろうとする実学と北学、そして革新仏教、東学と西学がすべて三・一の種だった。

これらは時には争ったが、三・一に至ってついに一つになった。民族と開化が出会い、伝統と近代が遭遇して精神と文明が一つになった。安重根(アン・ジュングン)のようにこれらすべてを総合した大合水が三・一だった。三・一は海だった。

三・一は何だったか。まず「すでに独立」と「すでに建国」だ。『宣言書』は「朝鮮独立」を主に主張する代わりに「朝鮮の独立国であること」を宣言して、始めて、「朝鮮『建国』4252年3月1日」で終わる。それなのに1948年の建国と1919年の建国を争うのは恥ずかしい。「独立」さえ独立で成し遂げたものではなく独立回復だった。すなわち主権回復であり、光復(解放)だった。光復・光復軍・光復運動・光復節が正しい。

韓国のように悠久の独立国家の歴史を持つ国々はしばらく主権を奪われたとし、自己否定する独立運動・独立軍・独立記念とは呼ばない。代わりに再征服(reconquista)、復興(risorgimento)、抵抗闘争(resistance)と呼ぶ。三・一100年、現代韓国の歴史をただ日帝統治と結びつける「(抗日)独立」「独立運動」談論と記憶体系はそろそろ越えなければならない。それは私たちの真の独立的理由と歴史解釈と未来設計を遮断する。

三・一は民族主義を越える世界水準の普遍主義であり、普遍的人間性を発揮する運動だった。真理と正義、良心と道義はもちろん、自由と平等、主権との和合のとても深い世界普遍的人間価値が粒ごと集約されている。自然に人類共存と平和は最高目標だった。韓国の独立、韓日中の共存と共同繁栄、東洋平和、世界平和、永久平和、人類幸福につながる絶頂の完全平和構想は鳥肌が立つ。

【中央時評】三・一運動100周年(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기