본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン電子、R&D投資が世界1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サムスン電子が昨年、世界で最も多くの研究開発(R&D)投資をした企業になった。欧州連合(EU)執行委員会の「2018産業R&D投資スコアボード」によると、昨年、サムスン電子はR&Dに134億3670万ユーロ(約1兆7300億円)を投資した。世界46カ国の主要2500企業のうち投資額が最も多かった。EUは2004年からこの報告書を出しているが、サムスン電子は2012年から5位圏を維持してきた。1位は初めて。サムスン電子の前年の順位は4位で、投資額は1年間に11.5%増えた。

2位は米グーグルを保有するアルファベットで、133億8780億ユーロを投資した。独フォルクスワーゲン(131億3500万ユーロ)、米マイクロソフト(122億7880万ユーロ)、中国ファーウェイ(113億3410万ユーロ)が後に続いた。米国のインテルが6位、アップルが7位、スイスのロシュ、米国のジョンソン・エンド・ジョンソン、ドイツのダイムラーが10位内に入った。昨年、サムスン電子は新規分野よりも半導体・モバイルなど主力分野のR&Dに集中した。

昨年11月に世界で初めて64層V-NAND基盤のSSDと第2世代10ナノ級8GbDRAMの量産に成功し、これは今年の過去最大半導体景気好況の基礎となった。さらにスマートフォンの頭脳の役割をするモバイルアプリケーションプロセッサ(AP)のエクシノス9、モノのインターネット(IoT)専用エクシノスiの開発に成功した。

匿名を求めた業界関係者は「昨年は李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が拘束された状況であり、新規分野のR&Dは負担になったはず」とし「今年は李副会長の釈放後、人工知能(AI)R&Dに集中していて、投資額はさらに増えたようだ」と説明した。

投資額基準で1位になったが、サムスン電子は売上高に対するR&D投資比では上位5位に入らなかった。サムスン電子の売上高に対するR&D投資比率は7.2%で7位だった。売上高の20.9%をR&Dに投資したインテルや19.5%を投資したロシュの半分にもならない。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기