본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北労働新聞「日本は永遠に平壌を行き来できない」

ⓒ 中央日報日本語版
北朝鮮労働党機関紙の労働新聞が「日本が朝日関係の復元を望むのなら、親米から脱し、過去を清算しなければいけない」と主張した。

労働新聞は27日、「自らの頭で思考する時、道が見える」と題した論評で、日本に対し「表面上では朝日関係の改善を云々しながら、背を向ければ米国の気分と内心をうかがいながら対朝鮮問題で強・穏戦略を展開している先遣隊(主力部隊の先に派遣される部隊)の役割を着実に遂行している」と非難した。

続いて「安倍がむやみに米国の制裁に言及しながら『人権騒動』に歩調を合わせ、制裁強化と解決済みの拉致問題を繰り返し取り上げれば、我々はそれを完全に日本の対米追従政策の延長と見なし、日本が強く望む朝日関係の前途はさらに遠のくだろう」とし「大胆に過去の罪悪を認め、謝罪と賠償の歴史的責任に誠実に臨む新たな態度で出てくるべきだ」と主張した。

また「安倍の一党が今のようにむやみに行動すれば、日本は永遠に平壌(ピョンヤン)を行き来できなくなり、平壌の敷居をまたぐのも難しい哀れな状況を免れなくなるだろう」とし「日本の今後の動きに注目する」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기