본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国留学生を助けなかった英警察、「韓国留学生暴行事件」に「捜査に徹底する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
最近、英国ロンドン市内の真中で発生した韓国人留学生集団暴行事件を受け、英国外交部と警察当局が遺憾を表明したと外交部が22日、明らかにした。

英国外交部側は「今回の事件に深い遺憾を表し、被害韓国国民に深甚なる慰労の意を伝える。今回の事件が円満に解決されるように積極的に取り組みたい」と明らかにし、ロンドン警察庁も今回の事件に遺憾を表した後「捜査に徹底する」と明らかにしたと外交部当局者は伝えた。

この当局者は大使館関係者が被害者を3回訪問して慰め、被害者とともに病院と被害者が在学中である大学内の心理相談センターを訪問して必要な治療を受けられるように助けたと説明した。

この暴行事件に関して在英韓国人コミュニティはろうそく集会を準備する動きが現れた。この日、在英同胞(海外在住韓国人)であるAさんは「日曜日である25日(現地時間)、ロンドン中心街であるオックスフォード・サーカスにある『Marks & Spencer』売り場の前でろうそく集会を開くことにした」と明らかにした。11日、韓国人留学生Bさん(カンタベリー大学在学中)が英国人と推定される10人の少年・少女から集団暴行にあった場所だ。

英国では安全を理由に集会にろうそくを動員するのは禁止されており、彼らはLEDろうそくや紙ろうそく、ピケなどを活用する予定だ。

一方、事件当時の加害者らはBさんにゴミを投げてけんかを売り、Bさんがこれに抗議すると押し倒して暴力をふるった。暴行当時、周りには数多くの人がいたが、彼らのほとんどは暴行事件を見守ったり、携帯電話でこの姿を撮影したりしていた。暴行を止めようとした人は2人だけだった。届け出を受けた英国警察も出動しなかったと伝えられた。

携帯電話の撮影映像はツイッターで13万回再生された。この映像は、「ロンドン南部で夜に」というタイトルに笑いを示すインターネット用語「Lol」が含まれていた。この映像を撮影した人は暴行にあっていることを撮影しただけで助けなかった。

駐英国大使館は今回の事件の深刻性を考えて海外同胞・留学生を対象にした安全懇談会を開催し、今回の事件のような人種差別と疑われる犯罪の再発防止に向けて対策などを話し合う計画だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기