본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野党民主平和党「和解・癒やし財団、当初生まれるべきではなかった財団」

ⓒ 中央日報日本語版
韓国の野党「民主平和党」は21日、韓国政府が和解・癒やし財団の解散を発表したことに対して「あまりにも当然のこと」との論評を出した。

キム・ジョンヒョン報道官はこの日、書面論評を通じて「(和解・癒やし財団は)当初生まれるべきではなかった財団だった」とし「加えて当事者は歴史を否定していて、被害当事者が反対するというこのようなことが、いかなる理由から胎動したのか、その理由をしっかりと明らかにするべきだ」と主張した。

続いて「もし暗黙的な決着があったとすれば、その内容を一つ一つ糾明し、日帝蛮行被害者の恨(ハン)を晴らして差し上げるべきだ」と強調し、「日本政府が財団設立のために出した基金10億円も直ちに返還するよう求める」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기