본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国文化財庁長「日本人所有の百済仏像、高い価格のため購買交渉決裂」

ⓒ 中央日報日本語版

鄭在淑(チョン・ジェスク)文化財庁長

韓国の鄭在淑(チョン・ジェスク)文化財庁長が日帝強占期に日本人が韓国から持ち出したと知られている百済時代(推定)の仏像の購買をあきらめたと明らかにした。

15日の国会国会文化体育観光委員会の国政監査に出席した鄭庁長は、百済仏像の購買に関する質問に対し「所有者が交渉中に価格を大きく引き上げた。仏像専門家が実際に実物を見て、評価会議もしたが、結局は決裂した」と明らかにした。

日本の民間人が所蔵する金銅観音像は高さ28センチで、7世紀に制作されたと推定される。文化財庁と国立中央博物館が文化財の返還を求めて現地調査と購買交渉をした。

鄭庁長は「所有者が提示した150億ウォン(約15億円)はあまりにも高く、競売に出てくればよいという考え」とし「専門家に諮問した結果、42億ウォン以上を支払って購買するのは無理という結論になった」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기