본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

今年の韓国造船業界受注量、日本と中国合わせたものより多く

ⓒ 中央日報日本語版

大宇造船海洋が建造した完全再液化システム適用のLNG運搬船。

韓国造船業界の今年1~8月の受注実績が日本と中国の受注実績を合算したものよりも多いことが明らかになった。

7日、英国の造船・海運分析機関であるクラークソンによると、韓国は1月から8月まで累積受注額156億5800万ドル(172隻、756万4977CGT)を達成して世界1位を占めた。

中国は106億1400万ドル(268隻、570万1687CGT)、日本は27億9100万ドル(85隻、203万6556CGT)をそれぞれ記録した。中国と日本の累積受注額を合わせると134億500万ドルになるが、韓国にはあと約23億ドル及ばない。

このような韓国の好実績は、LNG船のような高付加価値船舶の受注が増加しているためだという。中国はバルク船中心の受注を確保しているが、高付加価値船舶の受注は韓国におされている。また、LNG船の価格上昇も韓国の受注実績にプラスの影響を及ぼした。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기