본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】核では平和を得ることはできない=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
73年前から2つに別れ、戦争と平和の間に立っている韓半島(朝鮮半島)では想像しうるあらゆることが起こる。北朝鮮が休む暇もなく核を爆発させミサイルを打ち上げて火薬の臭いが立ち込めているかと思えば、いつのまにかソウルと平昌(ピョンチャン)で和解の祝歌が聞こえてきている。

韓国戦争(朝鮮戦争)後初めて訪問した「白頭(ペクトゥ)血統」の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会第一副部長は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と共に女子アイスホッケー単一チームを応援した。世界中の関心は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が提案し、文大統領が受け入れた南北首脳会談へ向かっている。米国のペンス副大統領は「外交欠礼」という批判を甘受しつつも意図的に北朝鮮の金与正第一副部長と金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長を無視した。南と北、米国が各自のカードを投げたわけだ。韓半島の運命は今一度戦争と平和の試験台に上がった。

文大統領はついに韓半島問題の運転席に搭乗した。金与正氏は兄の金正恩委員長の親書を伝達した後、「統一の新しい章を開く主役になられることを願う」と話した。「統一の主役」になるためには解決しなければならない難題が多い。文大統領は「条件を作っていこう」と言ったが実質的な鍵は「早い時期に」成功させようという北が握っている。

問題は韓米、朝米関係だ。2000年の第1回首脳会談の前は韓米関係が良かったし、朝米ジュネーブ合意がなされた。2007年の第2回首脳会談前は6者会談による北核2・13合意がなされた。だが、今は状況が難しい。首脳会談に行くためには北朝鮮が非核化に対する明らかな意志を見せなければならない。

金正恩委員長は現実を直視すべきだ。北朝鮮は昨年国際社会の非難の中で3度も大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、第6次核実験を押し切った。米国本土全域を打撃することができるようになったとし、核武力の完成を宣言した。しかし、逆説的に「正義の宝剣」という核が高度化したことで苦痛の超強硬制裁がなされた。米国が主導し「血盟」の中国が積極的に加勢した制裁が維持されれば政権創建70周年をむかえることし9月9日頃には金正恩委員長体制に深刻な問題が生じることになるだろう。

金正恩委員長はことしの新年辞で「核ボタンが私の事務室の机の上に常に置かれている」と言ってトランプ大統領を刺激した。だが、制裁が解けなければドルと物資は入らない。対外依存度が50%までに高まった北朝鮮経済は崩れることになる。核は「宝剣」ではなくますます苦労の種になりつつある。

米国も完全に変わった。トランプ大統領はオバマ元大統領ではない。北核を放置するつもりがない。11月の中間選挙を控え、金正恩委員長を明確に扱う必要がある。米国では北朝鮮に対する制限的先制打撃を意味する鼻血(bloody nose)戦略まで登場した。それに反対した韓国系のビクター・チャ氏は駐韓米国大使内政を取り消された。この頃上院は軍事委員会聴聞会を開き、北核に対応する軍事的オプションを議論した。

参席者は、戦争につながる危険があり国際法と米国憲法に背くと言って予防的軍事力の行使に反対した。対朝先制打撃カードが検討されていることを見せる情況だ。金正恩委員長が急いで平和攻勢に出たのと無関係ではない。

北朝鮮は賢明な判断を下さなければならないだろう。金正恩委員長は人民に「財布の紐をきつくしめなくてもいいようにする」と言った。しかし、苦労して核武力の完成を宣言した後、かえって孤立と貧困、体制崩壊の恐怖に苦しめられている。北朝鮮は核兵器いくつに圧倒的軍事強国米国を相手に戦う能力がない。北朝鮮の核威嚇が続けば韓国・日本・台湾も核武装圧力を受けることになるだろう。万一、韓国が核武装をする状況がくれば北朝鮮の核保有の利点は直ちに消える。経済力が40分の1に過ぎず、在来式戦力も劣勢な北朝鮮としては最悪の結果だ。

今、文在寅政府は対話の火種を生かそうとありったけの力をふりしぼっている。五輪期間中の韓米軍事演習を延期したし、国連と米国を説得して対朝制裁の例外措置を引き出した。戦争を防止するための忠実な気持ちだ。だが、制裁に死活をかけている米国は不満を持っている。この政府の最も強力な支持基盤である2030世代(20~30代)さえも不満気だ。天安(チョナン)艦・延坪島(ヨンピョンド)挑発とモカムジルェ、核開発を見ながら北朝鮮に対する認識が否定的に変わったためだ。こうであるにも非核化に口を固く閉ざして首脳会談を制裁緩和カードで利用するならば文在寅政府を四面楚歌に追い詰める愚かな選択だ。

ペンスは韓国を離れる前に「五輪の聖火が消えれば対北朝鮮関係の解氷も共に消えることを願う」と話した。これが米国の本音だ。米国は「光が漏れる隙間のない」強力な制裁カードを準備している。北朝鮮が首脳会談を真に願うならば五輪の聖火が消える前に非核化に対して誠意ある立場を出さなければならない。それが韓半島の戦争を防止し、南と北が共に生きる道だ。核では平和を得ることはできない。

イ・ハギョン/主筆

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기