본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国の「THAAD報復」に揺れる韓国金融市場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
3日、韓国ウォンと韓国株価が同時に値下がりした。韓半島(朝鮮半島)高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備に対する中国の報復が可視化した影響だ。

この日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは米ドルに対し前日比14.5ウォン値下がりした1ドル=1156.1ウォンで取引を終えた。KOSPI(韓国総合株価指数)指数も前日比23.90ポイント(1.14%)下落の2078.75で引けた。中国政府の韓国旅行制限に対する不安感が強まり、落ち幅が拡大した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기