본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓日が仏像所有権紛争…日本、韓国裁判所の判決も「返還要求する」

ⓒ 中央日報日本語版

26日に大田地裁が所有権を浮石寺に認める判決を出した観世音菩薩坐像(右)。左は昨年7月に返還された銅像如来立像。(写真=中央フォト)

韓国裁判所が対馬の寺で盗まれて韓国に搬入された仏像を忠清南道瑞山市の浮石寺(ブソクサ)に引き渡すよう命じる判決を出したことに対し、日本が遺憾を表明した。

菅義偉官房長官は26日の記者会見で「極めて残念だ」とし「速やかに仏像が日本に返還されるように韓国政府側に適切な対応を求めていきたい」と明らかにした。

大田地裁はこの日、大韓仏教曹渓宗の浮石寺が韓国政府を相手に提起した観世音菩薩坐像引き渡し請求訴訟で原告の請求を受け入れた。

裁判所は判決で「観世音菩薩坐像が浮石寺の所有という事実を十分に推定することができる」とし「正常でない過程で搬出される過程があったが、浮石寺の所有が認められるだけに保管中の大韓民国は原告に引き渡す義務がある」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기