본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国正しい政党「日本外相、歴史の勉強からやり直せ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

岸田文雄外相

韓国セヌリ党の非主流派「正しい政党」は、独島(ドクト、日本名・竹島)領有権を主張した日本の岸田文雄外相の妄言に対して「歴史の勉強からやり直せ」と非難した。

同党の張濟元(チャン・ジェウォン)報道官は18日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)国会正論館(記者会見場)で「歴史も無視し、国際法も無視する日本外相の妄言にただ茫然自失する」としながら「日本政府は少女像問題によって大韓民国国民の胸に大きな傷を与えただけにとどまらず、独島妄言で再び韓日関係を惑わしている」と指摘した。

また「歴史的真実は、いくら手のひらで隠そうとしても覆い切れるものではない」とし「歴史をわい曲し、妄言を繰り返したところで歴史的事実は歴史的事実に変わりない」と述べた。

続いて「歴史をわい曲しごり押し主張を続けるなら、日本の良心的な国民から見捨てられ、国際社会からも孤立するだろう」としながら「独島は歴史的・地理的・国際法的にも明らかに韓国固有の領土であることを明確に明らかにする」と強調した。

この日、共に民主党と国民の党も朴槿恵(パク・クネ)政府の低姿勢外交が日本の今回の妄言につながったとして代案づくりを求めた。

共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表はこの日、国会で開かれた最高委員会議で「外交部の低姿勢外交が日本の東京妄言につながった」とし「尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は釜山(プサン)(駐韓日本総領事館)の少女像を移転させるべきだと主張した。岸田外相は独島は日本の領土と言った。慰安婦密約によって韓日関係における真のバランス点が崩れるのではないか、非常に心配だ」と述べた。続いて「日本政府は弱点だらけの朴槿恵政権を相手に韓日歴史を思いのまま操ることができるという錯覚からすぐにでも目覚めるべき」と叱責した。

国民の党の朴智元(パク・ジウォン)代表も、この日の最高委員会議で岸田外相が独島を日本固有の領土だと主張したことに対して「岸田外相が独島少女像の設置に関連して独島が日本領土だと妄言したことは有り得ないことだ。弾劾以降、わが国が混沌に陥った隙を狙った外交的挑発」と批判した。

一方、岸田外相は17日、「竹島はそもそも国際法上も歴史的にもわが国固有の領土」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기