본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国製バッテリー搭載の電気自動車だけ差別する中国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
LG化学とサムスンSDIなど韓国のバッテリーメーカーの中国市場攻略は今年も厳しいものと予想される。自動車業界によると、中国政府は昨年12月29日午前にLG化学とサムスンSDIのバッテリーを搭載した中国の電気自動車5モデルを補助金対象に上げたが、半日でこれを撤回したという。

補助金対象から撤回された5モデルに搭載された電気自動車用バッテリーはすべて韓国企業の製品だ。東風自動車の4トン電気トラックと上海GMの「キャデラック」ハイブリッド乗用車、上海自動車の「栄威」ハイブリッド自動車2モデルの4モデルはLG化学のバッテリーを、陝西自動車の6トン電気トラックはサムスンSDIのバッテリーを装備する。

中国政府の今回の措置は韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に対する経済報復措置の一環と分析される。中国政府が当初補助金対象に上げた電気自動車は95社498モデルに達したが、韓国製バッテリーを搭載した5モデルだけ除外されたためだ。また、最終補助金対象に上がった493モデルのうち50モデル余りは電気自動車用バッテリー規範認証対象メーカーでない企業で作ったバッテリーを搭載したもので、これまで業界で知らされた「韓国製品が電気自動車バッテリー規範認証対象メーカーになれなかったため」という論理も苦しい。

昨年12月初めだけでも韓国のバッテリーメーカーの中国進出には希望が見えた。当時中国工業情報化部の会議で今年から補助金を申請できる目録に「三元系バッテリー」を搭載した電気バスを含めたという知らせが伝えられたためだ。三元系バッテリーはリチウムイオンバッテリーの一種だ。正極材の素材としてニッケル、マンガン、コバルトを使ったものを指す。正極材をリン酸鉄リチウムで作ったLFPバッテリーに比べエネルギー密度が高く、さらに長く使うことができる。LG化学とサムスンSDIだけでなく、日本のパナソニックも三元系バッテリーを生産している。これに対し中国メーカーはほとんどがLFPバッテリーを作っている。

LG化学は2015年10月に南京に電気自動車10万台に供給できる規模のバッテリー工場を、サムスンSDIも同じ時期に西安に電気自動車15万台規模の工場を建てた。だがこれまで中国政府の認証を受けることができず、補助金を受けられないことを懸念した中国の電気自動車メーカーがサムスンとLGのバッテリーを敬遠した。

韓国のバッテリー業界関係者は「電気自動車価格でバッテリーが占める割合は半分近くになるため補助金なしでは競争力を備えることはできない。このためサムスンとLGは中国にバッテリー工場を設立しながらも稼動率が高められずにいると承知している」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기