본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

協議で葛藤を解消する信頼が消えたところが「ヘル朝鮮」に(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
米国で大統領選挙戦が広くメディアの注目を引くのは自然なことだ。ノーベル賞受賞経済学者でありニューヨークタイムズのコラムニストであるポール・クルーグマン氏は共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏に対する批判的な立場を何度か明らかにしているが、8月26日付のコラムでもトランプ氏の立場を批判する内容を載せた。今回のコラムは米国の社会秩序に対するトランプ氏の否定的な見解--米国社会は戦争地域よりも暴力が乱舞して犯罪があふれ、まもなく崩壊することも考えられる状態--を批判したのだ。トランプ氏が米国社会を「地獄のどん底」と表現しているということだ。この言葉はトランプ氏自身が使った言葉というより、トランプ氏の恐怖戦略を要約する言葉であろう。

とにかくトランプ氏の「地獄論」に対し、クルーグマン氏は反証を提示する。例えばニューヨーク市で発生する暴力犯罪件数が過去50年間のどの時期よりも減少したという統計を例に挙げる。もちろん犯罪に対する恐怖がなくなったわけではない。クルーグマン氏本人も午前3時にニューヨークの路上を一人で歩くのをためらうという。しかしクルーグマン氏の考えでは、米国が地獄になったというのは事実でなく、政治的な扇動術にすぎない。もちろんクルーグマン氏は今回のコラムでもそうだが、失業や所得格差、人種主義の問題などを論じてきた。問題は具体的で現実的なところにあるということだ。

ここでクルーグマン氏の発言に言及するのは、米国の問題を論じようというのではなく「地獄のどん底」という言葉が韓国社会を話すのに使われる流行語「ヘル朝鮮」を連想させるからだ。もちろん、社会全体を地獄といっても、トランプ氏の言葉と韓国社会の流行語が同じものを意味するわけではない。社会階層の観点で見ると、トランプ氏は概して上から下を見ながら話し、韓国で「ヘル朝鮮」というのは社会の下層にいると考える人たちが恨みの気持ちを表現するものといえるだろう。

しかし階層的な立場がどうであれ、地獄という印象や判断は社会全体について話すものだ。社会的な根拠に関係なく、韓国で「ヘル朝鮮」は社会に対する心情的な判断に訴えるところがあると多くの人々はいうだろう。親が子を、子が親を、夫が妻を、妻が夫を殺す事件が報道されなかった日がないのが、最近の我々の社会だ。自殺率が世界で最も高いのが韓国ともいう。最近報道されている社会の最上流層に属する人物の自殺に関する報道も、生に対する不安感を一般化する。暴力事件は多くの場合、顔見知りの人の間に生じるというが、最近報道された事件の一つはそれに関係なく女性を殺そうと公衆トイレに隠れて犯罪を犯した若者の話だった。このような事件の報道に接すると、地獄が近づいていると感じるのは当然なのかもしれない。

◆極端な混乱に陥っているという感じ

自分の世界、そして社会が極端な混乱に陥っているという感じは、今の時点で世界の他の国の人たちも共有する心情なのかもしれない。地球全体が一つになり、そこで生じるあらゆる災難が時々刻々と情報として伝えられること自体が、普通の人の生活から安定感を奪っていく。そして生活の枠の拡張はそれ自体でも、人の心から信頼できる共同体があるという意識を失わせる。

人々が慣れていない街で不安感と緊張感を抱くのは自然なことだ。米国社会を地獄と見るトランプ氏を批判したクルーグマン氏も、自身が感じる街の状況に対する不安感を認めるのは上から見るのと同じだ。ところでこうした不安感は限定されたものかもしれず、一般化されたものかもしれない。実存主義哲学で強調するように不安感は人間の生活の条件だ。そこから出てくる反応は自己の保存と防御の行動だ。新しい状況にぶつかる時、自己防御的になるのは人間の本能かもしれない。問題はそれが生活のすべての思考と行動で基本の動機になるということだ。そしてそれに基づく戦略的思考はその支配的な原理となる。これは私的な領域だけでなく公的な領域でもそうだ。

もちろんこうした本能がそのまま生活の指標になるのは正常でない。多くの文化の伝統で個人的にも社会的にも健全な人間的な生活は、その本能が作り出す無反省的な感情を抑制し、さらに高い理性的かつ倫理的な原理を通じてそれを昇華できなければいけないと考えられてきた。東西を問わず教養と修行の理想が目標にするのはこうした抑制と昇華だ。そしてそこから出てくる生活の態度が一般的な社会慣習になることを期待する。 (中央SUNDAY第495号)

協議で葛藤を解消する信頼が消えたところが「ヘル朝鮮」に(2)

協議で葛藤を解消する信頼が消えたところが「ヘル朝鮮」に(3)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기