본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<五輪サッカー>韓国監督「メキシコにとにかく勝つ…引き分けはない」

ⓒ 中央日報日本語版

申台龍監督

申台龍(シン・テヨン)韓国オリンピック(五輪)サッカー代表チーム監督は「(予選)最後のメキシコ戦にはとにかく勝つ」とその覚悟を明らかにした。

申監督が率いる韓国代表チームは8日(日本時間)、ブラジル・サルヴァドールのアレーナ・フォンチ・ノヴァで開かれた2016リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)のサッカー組別リーグC組第2戦となるドイツ戦で、後半追加時間に同点ゴールを許して3対3で引き分けた。

申監督はこの日の試合について「その1分が持ちこたえられなくて引き分けになってしまったが、暑さの中でも選手たちの情熱はみなぎっていた」とし「選手たちに、よく戦った、おめでとうと言いたい」と評した。

韓国はこの日の試合で1勝1引き分けを記録してメキシコと勝点で並んだが、得失点差で4点差をつけてC組トップを維持した。11日、ブラジリアのエスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリアで開かれるメキシコとの第3戦で少なくとも引き分ければ準々決勝に進出することができる。

だが、申監督は「選手に引き分けでいこうと言えばまた1分残して負けてしまう。絶対に引き分けようと考えてはダメだ」とし「明日と明後日の2日間、メンタルな部分を強化して組1位で心配なく(準々決勝に)進めるよう選手たちを励ましたい」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기