본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<五輪サッカー>大韓民国3:3ドイツ…惜しい引き分け 「組1位復帰」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

8日(日本時間)、ブラジル・サルヴァドールのアレーナ・フォンチ・ノヴァで開かれた2016リオデジャネイロオリンピックのサッカー組別リーグC組1次予選第2戦のドイツ戦でゴールを決めた孫興民(右)。

申台龍(シン・テヨン)監督率いる韓国五輪サッカー男子代表がドイツを相手にあと一歩だった勝利を目前で逃した。

韓国は8日(日本時間)、ブラジル・サルヴァドールのアレーナ・フォンチ・ノヴァで開かれた2016リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)サッカー組別リーグC組1次予選第2戦のドイツ戦で3-3の引き分けとした。この日の引き分けで勝点4点とした韓国は残りのメキシコ戦の結果次第で8強進出を確定する。

前半24分、黄喜燦(ファン・ヒチャン)の先制ゴールから試合の流れは韓国優位だった。そのわずか9分後にセルジュ・ニャブリの右足シュートに同点ゴールを許したが、ドイツを相手に先制ゴールを奪った韓国の自信はそうやすやすと崩れることはなかった。韓国選手はドイツを圧迫して攻守両面で安定した試合運びを見せた。

後半9分、ダヴィー・ゼルケに逆転ゴールを許し危機に陥るかのように見えた韓国だったが、今回は失点後2分で孫興民(ソン・フンミン)がすぐに同点ゴールを決めた。ドイツに一歩も譲らない拮抗した接戦を続けた韓国は、そのまま2-2の引き分けに持ち込んでも8強行きのための条件を整えることができた。

しかし、申監督は熱い攻撃サッカーに対する所信を最後まで貫いた。石鉉俊(ソク・ヒョンジュン)を投入し、守りのサッカーではなく攻めのサッカーを選択した。石鉉俊は後半42分のコーナーキックから生まれたチャンスをシュートにつなげて逆転ゴールを決めた。試合はそのまま韓国の勝利で終わるかのように見えた瞬間だった。

だが、最後の瞬間、勝負は再び原点に戻った。後半追加時間にドイツが奪ったフリーキックの状況で、ニャブリのフリーキックがそのままゴールの中に吸い込まれて3-3の同点となったためだ。目前だった勝利を逃した韓国は悔しさの残る試合となった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기