본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の大卒新入社員4人に1人、1年以内に離職

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
大卒新入社員の4人に1人は入社1年以内に離職していることが明らかになった。韓国経営者総協会は、全国の企業306社を対象に実施した調査を通じて、大卒新入社員の1年以内の離職率が27.7%に達することを6日、公表した。離職率は2014年(25.2%)に比べて2.5%ポイント増加した。

大企業・中小企業間の離職率の両極化が進んでいる。従業員300人以上の大企業新入社員の離職率は2014年11.3%から9.4%に減った。半面、従業員300人未満の中小企業の離職率は同じ期間で31.6%から32.5%に増えた。

新入社員の離職理由は「組織・職務の適応がうまくいかない」(49.1%)が最も多かった。続いて「給与・福利厚生に不満」(20%)、「勤務の地域・勤務環境に対する不満」(15.9%)の順だった。離職率は入社後9カ月以降に高くなっている。9カ月以内の離職は22.2%だったことに対し、12カ月以内では27.7%に達した。

協会関係者は「新入社員の早期離職率を低くするためには組織に早く適応できるように手助けするさまざまな方策に対する検討が至急だとみられる」と述べた。実際、企業は新入社員の早期離職を防ぐために「職務能力と適性を勘案した現業業務への配置」(51.3%)に最も多くの力を傾けている。続いて「メンタリング等を通したジレンマ把握」(46%)、「ビジョン提示」(36.3%)の順だった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기