본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】ソウル大学の傲慢と屈辱(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
最初は地方の国立大学教授の愚痴だと思った。聞いてみると劣敗感の発露も、根拠のない主張でもなかった。ソウル大学の肺腑をつついていた。「私もソウル大を出て米国で博士を取った。同じ道を歩いた友人はチャンスをつかんで母校に、私は地方大へと行った。それで終わった。いくら良い論文を多く書いても私は地方大の教授にすぎない。あちこちで優遇されてプロジェクトをうまく友人とは天と地の差だろう。これをソウル大の『プレミアム』でなければ何と説明するのか。決してねたましく思うということではない」

その教授はソウル大の今を「傲慢と屈辱の現象」と表現した。獣医学科のチョ教授がオキシー・レキット・ベンキーザー(現RBコリア)から金品をもらって加湿器殺菌剤の実験報告書を操作した容疑で逮捕されたことを、そんな現象に例えた。「ソウル大の研究」という名前の価値を利用しようと意図的に接近してきたオキシーの罠にはまって屈辱を受けた可能性があるという話だった。飛躍になるかもしれないが最近の監査院のソウル大法人化の監査の結果を見ると、そのまま見過ごす話ではないように思われた。教授が総長のサインもなしに社外重役を兼職して億ウォン台を得ていたことは「うまく行っているのにどうして」という傲慢さであり、モラルハザードの極限状態であるためだ。

ソウル大が国民的な関心を引く理由は明らかだ。まさに大韓民国の人材育成と研究の象徴だからだ。2011年12月、国立ソウル大を法人に切り替える時は翼もつけた。公務員の臭いを追放して人事・財政・投資を自律的かつ独立的に運営してグローバル大学として飛躍するという国民の注文だった。政府の財政支援も増やし、教職員の身分も同じように保障した。法人化することは一種の「恩恵の自由化法」のようなものだ。現在ソウル大の専任教員は2100人余り、研究費などを合わせた年間総予算は1兆4000億ウォンで国内大学で最大規模だ。

【コラム】ソウル大学の傲慢と屈辱(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기