본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<囲碁>アルファ碁の脳は1200個「人間の模倣ではなく勝つのが目標」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

「アルファ碁」の開発者デビッド・シルバーが8日午後城南市板橋の京畿創造経済革新センターで講演している。

午前7時になると目覚まし時計は「雨が降るので傘を準備しなさい」とキム・ミレさん(仮名)を起こす。自動運転車に乗った彼は会議に必要な資料を見ながら会社に向かう。外国人のお客が訪ねてきても通訳機がリアルタイムで通訳し滞ることはない。スマートフォンは外国人客と行ける韓食堂を推薦し、インターネットで予約を終える。

8日にソフトウェア政策研究所が主催した「目の前に迫る人工知能」カンファレンスで発表者として立った内外の学者が予想した人工知能(AI)が変える私たちの生活像だ。ソフトウェア政策研究所のキム・ジンヒョン所長は、「漠然とした期待と恐れではなく、問題解決道具としてのAIの可能性を理解すべき時」と強調した。

この日のカンファレンスのスポットライトは李世ドル(イ・セドル)九段との対局を控え「アルファ碁」の核心開発者であるディープマインドのデビッド・シルバー研究総括に集められた。デミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)の長い友人であり同僚で、1月にネイチャーに紹介された関連論文を書いた著者だ。

彼はアルファ碁が手の位置を計算する「政策網」から、探索の「範囲」を狭めて勝率を計算する「価値網」に探索の「深さ」を減らして人間の直観力をまねると説明した。プロ棋士は次の手を差すために1秒当たり100個の手を考慮するが、アルファ碁は1秒に10万個を検索するほど計算も速い。

グーグルによるとアルファ碁は1200個余りの中央処理装置(CPU)を使って李九段と対戦する。囲碁プログラムとの対決ではCPU48個を使ったが昨年10月のファン・フイとの対局の時のようにこれを25倍に増やしたのだ。シルバー総括は「(アルファ碁の開発目的は)人間を模倣するのでなく人間に勝つこと」と説明した。

だが彼は、対局よりはアルファ碁がもたらす変化に注目してほしいと話す。シルバー総括は「チェスチャンピオンに勝ったディープブルーは他の分野に活用するのは難しい。しかし汎用性を持つアルファ碁を活用すれば、医療データを学習して治療方法を教え、雑多な仕事をする家庭用ロボットも作ることができる」と話した。彼は続けて「すでにアルファ碁が“オーダーメード型医療サービス”を提供するために英国国立保健局と協業を始めた」と付け加えた。彼は「他のさまざまな産業へと拡張し、社会を肯定的に変えるのに助けになるだろう」とし、医療用アルファ碁、家庭用アルファ碁が出てくる可能性があることを示唆した。

「個人的な予想をしてほしい」という出席者の質問にシルバーは「アルファ碁が李世ドルの気力を超えるのは難しそうだ」と胸の内を打ち明けた。「変数が多く勝敗を予測するのは大変だ」としながらも「勝つ自信はある」としたハサビスCEOとは違う返事だ。

ドイツ人工知能研究所(DFKI)の技術責任者であるアンドレアス・デンゲル教授はAIが文章中の内容、人の表情・視線を分析して人の感情・考えを分析するに至ったとし、データの重要性を力説した。現在の職業のうち相当数が10~20年以内にコンピュータによって代替されるなど職業形態の変化も予想される。米国の市場調査機関であるガートナーによると2018年までに業務用コンテンツの80%が機械で作られ、300万人以上がロボットの上司に仕えることになると予想した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기