본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<囲碁>「アルファ碁、李世ドルに完勝する…グーグルの人工知能誇示」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

キム・ジンホ・ソウル科学総合大学院ビッグデータMBA教授

プロ棋士の李世ドル(イ・セドル)九段とグーグル・ディープマインドの人工知能アルファ碁(Alpha Go)の対決が近づいている。今回の対決については、まだ李世ドル(イ・セドル)九段が優勢だという見方が多い。ここには、現在はまだ機械が人間に勝っては「いけない」という切実な思いが入り込んでいるのも事実だ。

しかしアルファ碁の優勢を予想する声もある。囲碁の「コミ」に関する統計的な分析で有名なキム・ジンホ・ソウル科学総合大学院ビッグデータMBA教授はアルファ碁の完勝を予想した。キム教授にその理由と囲碁の未来について尋ねた。

--今回の対決に大きな関心が注がれている。

「今回の対決はグーグルが開発した人工知能の能力を全世界に誇示するための戦略的なショーケースだ。特に囲碁は難攻不落と考えられてきたためターゲットにしたのだ。すでにグーグルは賞金100万ドル(約11億ウォン)に比べてはるかに大きな広告効果を得ている」

--どちらが勝つと思うか。

「アルファ碁が完勝すると見ている。李世ドル九段は1勝するのも容易でないだろう。もし李九段が2勝すれば、私は機械に対する人間の勝利だと評価したい」

--衝撃的な予測だ。

「いつかは囲碁でも人工知能が人間を越えるということに誰もが同意する。その時期について異見があるだけだ。私はその時期がはるかに早くくると見ている。それが今回の対決になると思う」

--その根拠は。

「8x8のチェス盤に比べて碁盤は19x19とはるかに複雑だ。場合の数もチェスは10の120乗ほどだが、囲碁は10の800乗ほどだ。いくらスーパーコンピューターでも囲碁は場合の数があまりにも多く、最適な手を探すのが難しかった。しかしディープランニング(Deep Learning)とさまざまな先端技法が精巧に結合し、人工知能が飛躍的に発達した。もう十分に碁盤の上のすべての場合の数を効率的に計算できるほどになった」

<囲碁>「アルファ碁、李世ドルに完勝する…グーグルの人工知能誇示」(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기