본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>朴炳鎬「米国ではバット投げない…頭に死球受けたくない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国ではバットフリップを一種のパフォーマンスと見なす。ファンもこれに歓呼する。意気揚々とバットを投げるのは本塁打を放った打者の特権だと考えられている。先月、野球国家対抗戦「プレミア12」の日本との準決勝で9回、呉載元(オ・ジェウォン、30、斗山)がしたように、相手の士気を挫くために意図的にバットを投げる場合もある。

今まで韓国でこの行為が大きく問題になったことはない。しかしMLBではバットを投げて喜ぶのは相手を侮辱する行為と考えられている。韓国でバットフリップをしていた姜正浩もピッツバーグ入団前、自分のクセを直すと約束した。チェ・ジュンソク(32、ロッテ)、田峻ウ(チョン・ジュンウ、29、警察庁)、黄載鈞(ファン・ジェギュン、28、ロッテ)が派手にバットフリップをすると、MLBホームページはメイン画面にその動画を載せたりもした。米ニューヨークタイムズは9月、「米国ではバットフリップを軽べつする」という記事を大きく報じた。続いて「米国人の目には無礼に見えるが、韓国ではパドン(ppa-dun、韓国でバットフリップをこう呼ぶ)はただのパドン」と付け加えた。

朴炳鎬はこの文化の違いをよく理解している。MLB進出を控えた今年はバットを穏やかに手放そうと努力した。MLBは相手に対する礼儀を重視し、これを破れば直ちに報復する。打者がバットフリップをすれば、ホームを踏む前に近付いて強く抗議する。投手がビーンボールで報復するケースも少なくない。

自由に感情を表出する中南米選手がこのため米国の選手とよく衝突する。柳賢振(リュ・ヒョンジン、28、LAドジャース)の同僚ヤシエル・プイグ(25、キューバ)は特にバットフリップを大きくした。2014年にはサンフランシスコ・ジャイアンツの投手マディソン・バンガーナー(26、米国)と衝突した。その後、バンガーナーが報復球を投げ、両チームがもみ合いとなった。2人はMLBで有名な宿敵になっている。

今年、テキサスとトロントのアメリカンリーグディビジョンシリーズ第5戦でもバットフリップが問題になった。トロントのホセ・バティスタ(35、ドミニカ)は3-3の7回、テキサスの投手サム・ダイソン(27、米国)から3ランを放った後、打球をしばらく眺めてからテキサスのダグアウト側にバットを投げた。ダイソンはホームでバティスタを待って言い争いをし、ダグアウトの選手たちがグラウンドに飛び出してもみ合いとなった。

バティスタは「プレイヤーズ・トリビューン」を通じて「人々は尊重を話すが、真の尊重は他の文化を包容することから生まれる」と抗弁した。MLB進出が夢だった朴炳鎬は早くから米国の野球と文化に適応する準備をした。朴炳鎬と4年間ネクセンで一緒に過ごしたブランドン・ナイト(40、ネクセン・フューチャーズ・ コーディネーター)は「米国に進出する計画ならバットを投げるのはやめるべき」と忠告したことがある。朴炳鎬はその助言を聞き、時々バットを投げたときはダグアウトに戻ってナイトに謝った。



<大リーグ>朴炳鎬「米国ではバット投げない…頭に死球受けたくない」(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기