본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の素材部品中小企業の半分「日本よりも中国の競争力が恐ろしい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国内の素材部品の中小企業は、5年後は日本よりも中国との競争を憂慮していることが明らかになった。

中小企業中央会は600社の素材部品中小企業を対象にアンケート調査をした結果、回答企業の48%が5年後、中国製品との競争力格差がほとんどなくなると答えたと30日発表した。現在の主力製品の競争力レベルを聞いた質問には76.5%が中国より「先んじている」で、59.5%が日本と「似ている」と答えた。日本に先んじていると答えた割合は11.5%だった。

だが5年後には中国が技術競争力を確保して追撃してくるだろうという回答が多かった。5年後、韓国所在の部品競争力が中国よりも先んじると予想した割合は42%に減り、似ていると答えた割合は48%にもなった。5年後に日本を先んじると予想した比率は19.3%だった。また全体企業の68.1%は中国企業の技術と品質の追撃により韓国との技術格差が縮まると予想した。

日本に対しては自信を見せた。回答企業の64.9%が研究開発を通した技術・品質競争力の確保で韓国と日本の技術力が似たような水準に達するか日本を追い越すと答えた。

中小企業が予想した5年後の競争力順位は今と同じ「日本-韓国-中国」の順だったが、技術水準が似通ってきて、さらに激しい競争になると見通した。中小企業は核心競争力として品質(36.6%)を最も多く挙げた。

韓日中間の激しい素材部品競争に備えるために研究開発の拡大(34%)と生産工程の最新化(25.5%)が必要だという中小企業人が多かった。非合理的な規制・認証の改善(20.8%)、自動化・先端化の拡散(18.4%)なども主な課題として挙げられた。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기