본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国中小企業、今年の輸出“難題”は「円安など為替レート不安定」

ⓒ 中央日報日本語版
韓国中小企業が今年の海外輸出の障害物として「為替レートの不安定」を最も多く挙げた。

韓国中小企業中央会は、最近、輸出中小企業300社を対象にアンケート調査を実施した結果、53.7%が今年の輸出に影響を及ぼす難題(複数回答)として、「円安・ユーロ安など為替レートの不安定」を挙げたと15日、明らかにした。

続いて「中国の低価格攻勢など輸出競争の激化」(40.0%)、「ユーロ圏景気の回復鈍化など主力市場の景気低迷」(24.7%)、「国際原油価格の下落など原材料価格の変動」(24.3%)等の順だった。

日本輸出に注力する企業は、最近の円安現象により「既輸出契約の維持に伴う為替差損の発生」(48.6%)、「輸出量の減少」(43.2%)、「採算性の悪化」(24.3%)、「日本企業との競争激化」(16.2%)などに苦しんでいることが明らかになった。

調査対象企業が考える適正日本円為替レート平均は100円=1015.15ウォンであることが集計された。これは調査当時である5月5日基準の円為替レート(900.22ウォン)より114.93ウォン高いものだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기