본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国に核心技術はない…内視鏡名医の手には日本製装備だけ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
設計能力も大きく劣る。巨済島(コジェド)にはフランス人がとても多い。450人余りのほとんどがフランスのエンジニアリング会社テクニップの従業員と家族だ。彼らが巨済島に集まって暮らす理由は、韓国の造船所が作る海洋プラントを設計し技術アドバイスをするためだ。世界の造船所建造能力で韓国の造船会社は1~5位を占めている。しかしその設計能力はフランス人が常駐しなければならないほど後れている。

産業通商資源部によると韓国の造船資材自給率は20%にすぎない。設計能力は米国の73%水準にしかならない。こうしてみると10億ドルの海洋プラントを受注しても韓国に残る分は4億2000万ドルにすぎない。

高い技術が必要な製品や素材分野だけのことではない。基礎的な産業それ自体が揺らいでいる。アップルのiPhoneやマックブックの流麗なデザインは独自の金型技術で1枚のアルミニウム板から最大限多くの部分を接合しないで作る「ユニボディ」があるので可能だ。しかし韓国では基礎技術もますます弱くなっている。京畿道華城(キョンギド・ファソン)のトウソリューションは日本の家電・自動車メーカーの協力会社から注文を受け金型を作り輸出する零細金型企業だ。だが、この会社は2階建ての事務所の1階は賃貸に出し、2階の半分は空いている。中国と東南アジアの企業が成長し受注が急に途切れたためだ。韓国金型工業協同組合のイム・ヨンテク理事は、「金型はすべての製造業の根幹になる産業だが、金型会社が厳しいということは製造業の生態系が根底から揺らいでいるもの」と指摘した。

キム・グァンソン教授は「人材はすでに作られたものを管理する所ではなく、機械を直接作る企業に行かなければならない。エンジニアの処遇が良くなり優秀人材が集まる好循環が必要だ」と話している。

韓国に核心技術はない…内視鏡名医の手には日本製装備だけ(1)

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기