본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン電子、今年から定年60歳に延長…「狭間世代」救う(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
サムスン電子が55歳の定年を今年から60歳に延長する。56歳から給料が減る「賃金ピーク制」を適用する。2016年に義務化される60歳定年を操り上げて実施するのは大手企業の中でサムスン電子が初めてだ。国会は昨年4月に定年60歳に義務化する法律(雇用上年齢差別禁止および高齢者雇用促進に関する法律)を通過させた。

サムスングループの関係者は27日「法改正にともなう混乱を減らし、職員の志気を盛り上げて競争力を維持するためにこうした措置を取った」と明らかにした。サムスン電子の定年延長は、56歳から毎年給料の10%ずつ削る賃金ピーク制を適用する。56歳には55歳の時にもらった給料の10%を削り、57歳にはさらに前年の10%分を減らす。こうすると56歳には55歳時の給料の90%、57歳には81%分を受けとることになる。退職する60歳時の給料は55歳時の60%ほどだ。賃金ピーク制が適用される5年間の給料平均は55歳時の70%水準だ。会社側は今回の措置で労働者が入社した後、退職するまでの所得(生涯所得)が25%ほど増えると説明した。

このような方式を採択したのは、会社の人件費負担と労働者の生活安定を同時に考慮しなければならなかったためだ。サムスングループの関係者は「賃金ピーク制を導入しながら最も重要視したのは、賃金総額が急激に増えないようにしながら労働者の生活にも打撃を与えないという2つだった」と話した。

定年延長と賃金ピーク制は来月から始める。狭間世代(1959年亥年・1960年子年生まれ)に配慮した措置だ。彼らは法律で60歳定年を保証される61年生まれよりも1、2歳上で法施行前の今年か来年に55歳で退職しなければならなかった。

サムスン電子が賃金ピーク制によって定年を延ばしたのは先制的な性格が強い。定年60歳を法が定めた2016年に始めれば企業経営が混乱する可能性があるという判断が作用した。

サムスン電子、今年から定年60歳に延長…「狭間世代」救う(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기