본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「汚染水漏れている」…東京電力も安倍首相の発言を否認

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本の安倍晋三首相が2020年東京オリンピック(五輪)招致過程で福島第1原発の放射能汚染水を完ぺきにコントロール、ブロックしていると公言したことに対し、日本国内で次々と反論が出ている。

東京電力は9日の記者会見で、「汚染水は0.3平方キロメートルの面積の原発専用港湾内で完全にブロックされているわけではない」と明らかにし、安倍首相の発言を否認した。韓国の特派員を対象にした10日の説明会でも「(放射性物質の)トリチウム(三重水素)が港湾の外に漏れているというのが、東京電力の公式立場」と述べた。

これに関し菅義偉官房長官は10日、「安倍首相がそのように述べたのは、原発専用港湾の内側、そして港湾の外(太平洋)の近海の放射能濃度を測定した結果、(放射能汚染水流出の)影響が港湾内にとどまっていることが明らかになったため」と主張した。

安倍首相はこの日の閣議で、「私が(IOC総会で)約束した汚染水問題などに、政府が一丸となり責任を持って当たろう」と述べた。しかし安倍首相は自分の「コントール」「完ぺきブロック」発言については言及しなかった。

一方、国際原子力機関(IAEA)天野之弥事務局長は9日、定期理事会で、「福島原発の汚染水問題は事故の衝撃が今も続いているということを想起させる事態」とし「この秋に現地調査団を派遣する」と発表した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기