본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

キャンセル・手数料問題、韓国の格安航空会社は優秀

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の格安航空会社(LCC)は最近の批判に関し、大きな不満を抱いている。すぐに海外のLCCとひとまとめにされて批判を受けるという点だ。韓国のLCCはサービスや安全性の面ではるかに優位にあるという主張だ。

実際、LCC業界によると、一部の海外LCCの場合、航空券の購入がカードでのみ可能だ。それでも別途のカード手数料を支払わなければならない。オンラインサイトでないコールセンターを通じて予約すれば、別途料金が生じるケースもある。あらかじめ航空券を購入しておいても、座席を選べば料金が追加されたりもする。また、韓国LCCは荷物15-20キロが無料だが、海外LCCは区間別に1万5000-4万ウォンの別途料金を支払わなければならない。往復で利用する場合、料金は3万-8万ウォンとなる。

外国系LCCの場合、キャンセルも難しい。一部の海外LCCは航空券の種類に関係なく、運賃が一切払い戻されない。さらに国内コールセンターがなく、東南アジアなど現地に電話をし、現地語で対話しなければならないこともある。韓国のLCCを利用する場合、空港税や油類税などはほぼ100%戻ってくるうえ、手数料を除いた航空料も払い戻される。

外国系LCCは気象の悪化や整備の問題による欠航または遅延には一切責任を負わないという運送約款もある。このため海外の空港で問題が発生すれば足止めを食らうしかない。国内LCCの場合、海外空港で問題が発生しても、宿泊や代替便をほとんど準備する。

国内LCCの関係者は「大手航空会社に比べてまだLCCのレベルが落ちるのは事実。最近は問題の発生が増え、この部分が浮き彫りになったようだ」とし「しかし発展段階にあり、一部の海外LCCとは違い、決して航空の安全に問題があるほどの水準ではない」と述べた。

実際、済州航空は最近、独自の格納庫建設計画を明らかにするなど、サービスと設備をアップグレード中で、ジンエアーは国内LCCで初めて「ベストアジアントラベルブランド2013」でアジアLCC部門9位に入った。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기