본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

安倍式の憲法解釈変更「難しい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本の憲法解釈を担当する内閣法制局長官から退いた後、最高裁判所の判事となった山本庸幸氏が20日の就任記者会見で、集団的自衛権のために憲法解釈を変更しようとする安倍晋三首相の構想に反論した。

山本氏はこの日、「法規範そのものが変わっていない中、解釈の変更で対応するのは非常に難しい」とし「集団的自衛権は、『国際紛争を解決する手段としての武力行使放棄』『交戦権は認めない』など憲法9条の改正を通じて行使しなければならない」と述べた。憲法改正の実現については「国民と国会の判断」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기