본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

340億ウォン大ヒット「染色シャンプー」…KAISTと食薬処が対立している理由=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ヘアカラー剤製造・販売会社「モダモダ」のシャンプーを使用した前(左)と8週間後(右)の60代男性の髪の毛の色の変化。白髪だったが褐変現象のために髪の毛が黒褐色に変わった。[写真 モダモダ]

革新先端技術を利用して作ったシャンプーを巡り、韓国では大学・企業と政府が対抗している。最近、中・壮年層の間で話題になっているヘアカラー剤製造・販売会社「モダモダ」のシャンプーのことだ。モダモダはKAIST(韓国科学技術院)化学科のイ・ヘシン教授がポリフェノール研究・開発(R&D)を通じて作り出した世界初の染色効果シャンプーだ。皮をむいたリンゴが空気中に長く触れると茶色に変わるのと同じ原理を利用した。染色剤ではなくシャンプーだけを使用しているにもかかわらず白髪が黒褐色に変わる。頭皮炎症や視力低下など、染色による副作用がなく、普段髪の毛を洗う方法だけで染色効果を得ることができる。韓国内ではテレビショッピングやインターネットモールはもちろん、世界最大のECサイト「Amazon」でも販売しているが、今まで完売が続いている。

しかし、食品医薬品安全処が先月24日、モダモダの「プロチェンジ・ブラックシャンプー」に対して4カ月間広告できないように行政処分を下した。モダモダシャンプーが機能性化粧品ではないにも関わらず、製品の名称や製造方法、効能・効果などに関して機能性化粧品と間違って認識しかねない広告をしているという理由からだ。食薬処はまた、医薬品と間違って認識する恐れがある内容の広告をモダモダが出していると判断した。モダモダの広告は事実とは違っているか、あるいは部分的に事実でも全体的に見て消費者が間違って認識して騙される恐れがあると判断した。食薬処化粧品政策課のチェ・ミラ課長は「食薬処は現行の規定により、誇大広告をしたモダモダに行政処分を下した」と説明した。

モダモダ側は行政処分直後、直ちに中央行政審判委員会および行政裁判所に処分中断を求める執行停止申請を提出した。中央行政審判委員会はすぐに執行停止決定を下して広告を可能にし、現在は行政裁判所が審理を行っている。広告禁止が始まればモダモダはテレビショッピングやネットショップで該当のシャンプーを販売できなくなる。

モダモダを開発したイ教授はポリフェノール研究分野でよく知られた学者だ。KAIST(韓国科学技術院)生命科学科を卒業して米国ノースウェスタン大学で医工学を学び、博士学位を取得した。その後、博士後期課程ではメッセンジャーRNA基盤の新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチンを開発したモデルナ設立者の1人であるロバート・ランガー氏〔マサチューセッツ工科大学(MIT)教授〕に学んだ。KAISTには2009年、教授として任用された。イ教授は2018年国際学術情報機関「クラリベイト・アナリティクス」における論文引用基準で世界上位1%の科学者(Highly Cited Researcher)に選ばれたこともある。

モダモダシャンプーは従来のシャンプーにポリフェノール成分を配合し、容器の中に密閉して酸素と触れ合わないようにしたのが技術の核心だ。髪の毛にシャンプーが付着するとポリフェノール成分が髪の毛の表面について褐変現象を引き起こす。ポリフェノールの褐変現象を利用したシャンプー開発はイ教授が世界で初めてだ。イ教授はこの技術に対して、韓国はもちろん米国など海外特許までして取得した。シャンプー製造技術は民間企業に移転した。

イ教授は「現行法上、機能性シャンプーと記すためには食薬処が指定した染毛や脱毛成分を製品に入れなければならないが、モダモダは既存の染色剤に入る染毛剤を使用していない新技術なので、現在の機能性シャンプーの範疇に入れることはできない」とし「シャンプーだけで髪の毛の色が染まったように黒褐色に変わる機能が核心なので広告にそのように表記したが、食薬処がこれもまた消費者が間違って認識する恐れがあるとして広告できないようにしている」と話した。

今年8月に発売されたモダモダシャンプーは最近まで完売が続出していて、国内外で計340億ウォン(約33億円)分が販売された。同社のペ・ヒョンジン代表は「現在は委託製造会社の生産設備の限界でシャンプーの生産に限界があるものの、近く工場設備を大幅に拡充すれば販売がさらに増えるだろう」としながら「中小企業の育成がまだ難しい環境だと考えられ、企業活動が今後も難しくなる場合、規制のない米国に会社を移すことも考えている」と話した。

KAISTのイ・グァンヒョン総長は「モダモダシャンプーは制度が新技術についていっていない代表的事例」とし「世の中にない新しい技術が出てくると、それを規制する制度が不備な場合が多いが、迅速に補完して世界へ進出できるように道を開かなければならない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기