본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

清州市議会、日本放射能汚染水の放流に撤回要求決議

ⓒ 中央日報日本語版
清州市(チョンジュシ)議会は14日「日本は福島原発放射能汚染水の海洋放流推進計画を撤回せよ」と促す決議文を採択して国会や外交部、駐日大使館などに送ることにした。

市議会は決議文を通じて「日本が123万トンの放射能汚染水を放流すれば、わが国民はもちろん全人類が後戻りできない深刻な被害を受けることが自明だ」として撤回を求めた。

市議会は「日本は多核種除去設備(ALPS)を活用して放射能汚染数を浄化したと主張するが、放射性物質である『三重水素』を除去したという証拠はどこにもない」として「地上で放射能物質を放出するためには少なくとも100年間保存する必要があるが、海洋放流で10兆ウォン(約9500億円)に迫る保存費用を削減しようとする狙いとしかみられない」と強調した。

市議会は「日本は放射能汚染水に関連したすべての情報と資料を透明に公開し、わが政府は国際社会との連携をさらに強化して日本の放射能汚染水の海洋放流推進に強硬に対応してほしい」と主張した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기