본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国航空会社、韓国行きの路線を相次いで縮小…韓国旅行会社、今月36社廃業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国が韓国に対する旅行警報をレベル3(旅行再考)に引き上げた。これにより米国航空会社の韓国行き路線の中断と縮小が続いている。新型コロナウイルス感染症(コロナ19、新型肺炎)の余波で旅行の需要まで急減し、中小旅行会社の廃業申告が相次いだ。

米国デルタ航空は、新型コロナの拡散により、仁川(インチョン)~ミネアポリス路線の運航を4月30日まで中断すると27日、発表した。仁川とアトランタ・デトロイト・シアトル間の運航は週5回に縮小する。仁川~マニラ路線の新規就航は5月1日まで延期した。これにより、デルタ航空が米国から韓国に運航する旅客機の便数は週28便から15便に減少する。米国ハワイアン航空は3月2日から4月30日まで仁川~ホノルル間の直航路線を一時的に運営しない方針を明らかにした。米国航空会社では初めてとなる韓国便の運航中断だ。米国航空会社は乗客に対し、訪韓航空便の日程変更やキャンセル手数料を免除している。乗客の不安を落ち着かせるために、一定部分の損失を甘受するという意味だ。

海外旅行地として人気を呼んでいた国々が相次いで韓国人の入国を禁止しながら、国内旅行会社は準備していた商品を売ることもできない状況だ。今週に入り、主要旅行会社の予約率は前年比90%まで急減したことが分かった。ある大型旅行会社の関係者は「払い戻しやキャンセルなどの問い合わせを除けば、新規旅行の相談や問い合わせは一切ない状況」と話した。

地方自治体開放旅行業許認可データによると、今月に入って廃業を申告した旅行会社は36社だ。大手ハナツアーとモドゥツアーによる合作旅行会社「Hotel & Air.com(ホテルアンドエアードットコム)」も清算手続きを踏んでいる。新型コロナ事態が落ち着かなければ、来月には廃業する旅行会社がさらに増えるというのは旅行業界の共通の見解だ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기