본문 바로가기 메뉴 바로가기

文大統領「2回目の米朝首脳会談、両首脳に敬意表する」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年02月11日 16時20分

  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11日、首席補佐官会議で「2回目の米朝首脳会談日程が決まった。両国の2人の指導者の決断に敬意を表する」と述べた。

  文大統領はこの日午後の会議で「まだ韓半島(朝鮮半島)非核化と平和プロセスが果たしてうまくいくのかという疑問が少なくない」とし「しかし南米朝の首脳が揺らぐことなくその道を歩んでいるのは、歴史が進むべき方向に対する強い信念があるため」と述べた。

  2回目の米朝首脳会談は27、28日にベトナムのハノイで開催されることに決まった。文大統領は「最初の米朝首脳会談はそれ自体だけでも世界史に確実に里程標を残す歴史的偉業だった。今回の2回目の会談はここから一歩前に進むことになるだろう。韓半島の完全な非核化、新しい米朝関係、韓半島平和体制を可視的に進展させる重大な転換点になると期待する」と伝えた。

  文大統領は「我々の未来は確実な平和の上にある」とし「分断後初めて迎えたこの機会を生かすことが、戦争の脅威から完全に抜け出し、平和が経済になる我々の未来を育てることになる」と述べた。

  続いて「しかしそのようなことは幸運として訪れるものではない」とし「我々が強く望んで団結した心で共に準備し、努力していく場合に限り現実になる。わずか1年前には想像もできなかった変化の真ん中にいるのは決して偶然ではない」と説明した。

  最後に文大統領は「今後も政府は今までのように強く望みながらも落ち着いて役割を果たしていく。いま韓半島で起きている世界史的な大転換で我々が最も重要な当事者であることを考えながら、国民が、そして政界も大きく心を一つにすることを願う」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ