본문 바로가기 메뉴 바로가기

札幌行き韓国LCC、乗客181人乗せて酸素マスク騒ぎ…10分間「恐怖の飛行」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年01月03日 06時40分

  新年初日に仁川(インチョン)から日本札幌に向かっていたジンエアー旅客機で機内の圧力を調整する装置に問題が発生し、乗客が酸素マスクを使ったことが一歩遅れて知らされた。

  2日、ジンエアーと乗客などによると、前日午前8時29分に仁川空港を出発して日本札幌に向かっていたLJ231便(B737)旅客機に午前10時12分に与圧装置に異常があるという警告灯が点灯した。これを受け、機長はマニュアルにしたがって手動で機内の上段に保管された酸素マスクを落として乗客につけるように指示した。

  乗客181人は10分程度酸素マスクを使って恐怖に震えざるを得ず、航空機の運航が正常化した後に酸素マスクを脱ぐことができた。該当旅客機は状況発生後30分で午前10時51分に札幌新千歳空港に無事に到着したことが分かった。

  ジンエアーは「現在、与圧装置の異常が疑われる航空機は現地で整備中であり、直ちに代替便を投入して連結運航スケジュールには支障がなかった」と明らかにした。また「航空機が目的地の空港に接近して高度を下げる過程で警告灯が点灯し、マニュアル通りに措置した」として「実際に、航空機の与圧装置に異常があったかどうかは現在調べている」と伝えた。

  ジンエアーは2016年、フィリピン・セブ発金浦(キンポ)行き旅客機の出入り口が閉じられたかどうかを確認せず離陸して回航した事件で国土交通部から課徴金6億ウォン(約5800万円)の処分を受けたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ