본문 바로가기 메뉴 바로가기

韓国首相、韓日・日韓議員連盟合同総会で「自国民の反感を刺激・利用するのは無責任なこと」

[ⓒ 中央日報日本語版] 2018年12月14日 14時29分

写真拡大 韓国の李洛淵首相
  韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が14日、韓日・日韓議員連盟合同総会の開会式に出席し、祝辞を通じて韓日関係改善の必要性を強調した。

  李首相はこの日、ソウルロッテホテルで開かれた韓日・日韓議員連盟合同総会開会式の祝辞で「韓日両国は経済や文化をはじめとするあらゆる分野の交流と協力を持続して拡大しなければならない」とし「今そうであるように、韓日両国が難しい問題に直面することもあるが、問題はそれはそれで直視して賢明に対処していくものの、両国の交流と協力はそれはそれで維持して未来志向の関係を構築するように賢く努力することを願う」と述べた。

  続いて李首相は「世界のほぼすべての隣国がそうであるように、韓日両国も過去・現在・未来の課題と可能性を共に抱いている」とし「過去は現在と未来のための資産だが、時には負債になったりもする」と言及した。

  また「政治とメディアが相手国に対する自国民の反感を刺激して利用しようとすればそれは無責任で危険なこと」としながら「難しい問題が起きた時ほど政治指導者は節制を守って知恵を発揮しなければならない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ