본문 바로가기 메뉴 바로가기

日本防衛相、韓国の旭日旗自制要請に反発…「掲揚は当然」

[ⓒ 中央日報日本語版] 2018年09月29日 11時12分

写真拡大 旭日旗を掲げている海上自衛隊の駆逐艦。(写真=中央フォト)
  韓国海軍が来月10-14日に済州(チェジュ)で開催される「大韓民国海軍国際観艦式」で日本海上自衛隊艦艇の旭日旗掲揚を自制してほしいと要請したことに対し、日本政府がこれを拒否する意向を明らかにした。

  小野寺五典防衛相は28日の記者会見で「自衛艦旗(旭日旗)掲揚は(日本)国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上でも国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部標識』に該当する。当然、掲げることになる」と述べた。

  旭日旗は日本帝国主義と軍国主義の象徴で、1945年の日帝の敗戦以降に使用が禁止された。北東アジアの国は旭日旗の掲揚や露出を徹底的に禁止している。しかし日本は1954年に海上自衛隊が創設された後、自衛艦に掲げる「自衛艦旗」として旭日旗を使用し、批判を受けてきた。

  この日、朝日新聞も防衛省関係者の発言を引用し、日本政府の立場を伝えた。この関係者は同紙に「(韓国海軍の要請は)非常識」とし「旭日旗を降ろすのが条件なら参加しない。従う国もないだろうう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ