본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「なぜ叱るのか」6歳の児童が30代女性教師撃つ…米衝撃の銃撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国で小学校1年生の児童が、「叱られた」という理由から教室で教師を銃で撃ち重傷を負わせる事件が発生した。

AP通信とCNNなどによると、6日午後米バージニア州ニューポートニューズの小学校で6歳の1年生男子児童が30代の女性教師に口答えをしながら言い争いとなり拳銃を発射した。

教師は銃撃で重傷を負い重篤な状態に陥ったがその後治療を通じて安定を取り戻していると警察は伝えた。他の児童は負傷しなかった。

この児童は学校に拳銃を持って行き犯行に及んだことが把握された。警察は彼が銃器を持つことになった経緯を調査中だ。

警察はこの児童が教師を狙って銃を1発撃ったと説明した。誤射事故ではないということだ。

児童は拘束され、大きな衝撃を受けた別の児童らは校内の体育館に退避し心理相談を受けて帰宅した。

学校は月曜日の9日は休校する予定だ。

ニューポートニューズ市のフィリップ・ジョーンズ市長は「市議会と教育庁などが適切な事後措置をするだけでなくこうしたことが再び発生しないよう正しい政策を作らなければならない」と話した。

ニューポートニューズ市のジョージ・パーカー公立学校教育長は「とても衝撃的で胸が痛い事件。われわれは子どもたちを正しく教育し彼らの安全を守らなければならない」と話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기