본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国、女優・歌手など16人以上の有名人が突然死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国が最近、新型コロナ防疫政策を緩和した中、原因が明らかにされていない有名人の死の便りが相次ぎ、中国の新型コロナ死亡者関連統計に対する疑いが強まっているという報道があった。英BBC放送は先月21日から26日の間に中国で少なくとも16人の有名人が死去したとし、このように報じた。

BBCによると、俳優のグン錦堂氏は1日、83歳で死去した。グン錦堂氏は中国の最長寿ドラマで名前が広く知られた。

2日には87歳の胡福明元南京大教授が亡くなった。胡氏は毛沢東路線に批判もなく従うのは正しくないという内容のコラムで有名だ。

チャン・イーモウ監督の1991年作『紅夢』の映画脚本家・倪震氏、40歳だった有名京劇俳優・儲蘭蘭氏、元女優の政治家・趙青氏も先月末に死去したと、BBCは伝えた。

BBCは「死因が新型コロナとは確認されていない」としながらも「防疫政策の緩和による新型コロナ死亡者数増加と、これによる中国人の恐怖心が広がることを憂慮した中国当局が正確な死因を明らかにしていないのでは」という疑問を提起した。

BBCは最近急増した有名人の死に関するソーシャルメディア(SNS)のコメントを根拠に挙げた。倪震氏の死去に関連し「新型コロナで死去したのか」というコメントがSNSで最も多かった、BBCは伝えた。また「ネット上をいくら探しても死因は書かれていない」というコメントもあった。

グン錦堂氏も死因が不明だが、多くのウェイボ使用者は最近新型コロナで死亡した多くの高齢者と結びつけていると、BBCは伝えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기