본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

暖かい欧州の気候、プーチンが負けた…バルブ締めたが天然ガス価格急落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ロシアのプーチン大統領

欧州向け天然ガスパイプラインのバルブを握りしめ寒い冬だけを待ったロシアのプーチン大統領が敗着に陥った。欧州で冬季の異常高温現象が発生してガス需要が減り、当初懸念された欧州のエネルギー大乱が起きていないためだ。

ブルームバーグは3日、こうしたニュースを伝えながら「欧州の予想外の暖冬は気候危機が生んだ悪材料だが、本当の敗者はプーチン大統領」と報じた。最近ウクライナ軍の奇襲攻撃でロシア軍の大規模兵力被害が相次ぐ渦中に天候さえもプーチン氏の味方にならない局面ということだ。

この冬の世界は異常気候に陥っている。北米では大雪と寒波で死亡者が続出したのに対し、欧州では新年初日にポーランドやオランダなど少なくとも8カ国で1月としては過去最高の気温を記録し、春のような陽気を見せた。北米大陸の場合、地球温暖化により冷たい北極気流が下がってきて異例の厳しい寒さを引き起こし、欧州の場合、アフリカから暖気団が北上して異常高温を引き起こしたというのが英国気象庁の分析だ。

実際にリヒテンシュタインの首都ファドゥーツでは1日に気温が20度まで上がり、チェコのヤボルニクは19.6度、ポーランドのヨドウォブニクは19度を記録した。海抜2000メートルのアルプス山脈でも雪が溶けスイスやフランスなどのスキー場は開店休業状態だ。ブルームバーグは専門家の話として「この年末年始は欧州北西部地域の気温が長期平均値より8.5度高いものと予測される」と伝えた。

温和な冬の天候で欧州各国の暖房需要が減り、プーチンのエネルギー武器化戦略も力が抜けた様相だ。昨年末から下落傾向を継続していた天然ガス価格はむしろロシアのウクライナ侵攻前の水準よりも落ちた状況だ。欧州の代表的な天然ガス価格指標であるオランダTTFハブの2月物先物価格は、2日基準で1メガワット時当たり約76ユーロだった。昨年2月24日にロシアがウクライナを侵攻する直前の約88ユーロを大きく下回る。

これに先立ちロシアが西側の経済制裁に対抗するため欧州向けガスパイプライン供給を本格的に中断した昨年8月とは異なる状況だ。当時は天然ガス価格が1メガワット時当たり約350ユーロまで高騰した。今回の戦争前まで欧州諸国は天然ガス消費量の40%程度をロシア産に依存していた。

プーチン大統領の戦略を崩したのは異常気候だけでない。ロシアの資源武器化が長期化することに備え欧州の主要国が中東やアフリカなどで液化天然ガス(LNG)確保に死活をかけたためだ。これと関連しニューヨーク・タイムズは3日、「欧州諸国がロシア産天然ガスに代わる新たな供給源を確保して各国のガス備蓄量が80%以上を維持し、天然ガス市場は当分下落傾向を継続するだろう」と伝えた。

さらにウクライナの戦場でロシア軍も苦戦を免れない様相だ。特に1日夜のウクライナ軍によるロシア軍臨時訓練所爆撃はロシア側に大きな衝撃を与えた。ウクライナ軍の多連装ロケットである高速機動砲兵ロケットシステムのハイマース4発がウクライナ東部ドネツク州マキイウカの訓練所を攻撃し多くの死傷者が発生した。

当初ロシア軍が明らかにした死亡者は63人だったが、3日現在89人に増えた。ウクライナ軍は実際の死亡者は数百人に達すると主張した。今回死亡したロシア新兵らは昨年9月にプーチン氏が発動した部分動員令で徴集された兵士だったとBBCは伝えた。

他の激戦地でもロシア軍の被害が大きくなっている。ウクライナ軍総参謀部は「先月31日に南部ヘルソンのチュラキウカ地域でもロシア軍500人が死亡したり負傷した」とフェイスブックを通じて主張した。ウクライナ軍は戦争勃発から今月2日までで約10万7440人のロシア軍将兵が戦死したと集計した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기