본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

他国は規制する中国人観光客を歓迎するインドネシア…「国民の98%に免疫力」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国で新型コロナウイルス感染者が急増し中国発の入国者の規制を強化する国が増えている。こうした中、インドネシアは「中国人観光客の規制はせず歓迎する」としてむしろ中国人観光客の誘致に乗り出している。

アンタラ通信などが4日に報じたところによると、インドネシアのサンディアガ・ウノ観光・創造経済相は3日に声明を通じ「われわれは中国人観光客を歓迎する準備ができている」と明らかにした。

中国はこれまで新型コロナウイルス防疫次元から自国民への一般旅券発給を制限していたが、ゼロコロナ政策を撤廃し8日から出入国防疫規制も大幅に緩和することにした状態だ。

このためインドネシアの観光業界では中国人の「リベンジ観光」の恩恵を期待している。

インドネシア政府は「国民の98%が新型コロナウイルスの免疫力を保有しており、防疫当局も新型コロナウイルスの流行を統制している」として中国発の入国者を規制しないという立場だ。

事実インドネシアは新型コロナウイルスで沈滞期を迎えた観光産業の回復に努めている。

インドネシア統計庁によると、昨年1月から10月まで中国と香港からインドネシアを訪れた人は約9万5000人にすぎなかった。

コロナ禍前には年間200万人以上が中国と香港からインドネシアを訪れていたが大きく減ったのだ。

ウノ観光・創造経済相は「今年の外国人観光客誘致目標は昨年の目標値360万人の2倍を超える740万人。中国人観光客が戻ってくるならば外国人観光客も急増するだろう」と明らかにした。

合わせて「中国国際航空と中国東方航空、中国南方航空などからジャカルタとバリへの直行便を開設してほしいという要請が続いている。先ずはガルーダ航空などインドネシア系航空会社が直行需要に合わせられると期待する」と付け加えた。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기