본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「北朝鮮、1日に7000万ドル使った」…1年分のコメ購入代でミサイル発射

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮が1日に約25発のミサイルを発射し、7000万ドル(約103億円)近く支出したという分析が出た。この費用は、北朝鮮が1カ月間必要な物品を輸入するのにかかる金額に匹敵し、ミサイルが発射されるたびに北朝鮮住民の食糧がなくなるという指摘も出ている。

米ランド研究所のブルース・ベネット防衛上級研究員は2日(現地時間)、ラジオ・フリー・アジア(RFA)に今回北朝鮮が発射したミサイルは「北朝鮮版イスカンデルミサイル」と呼ばれるKN23のような威力はないとみられると明らかにした。

そして、この種のミサイルは1発に300万ドル程度かかるとし、総額5000万ドルから75000万ドルを投入したと推定した。

ベネット研究員は、「北朝鮮が今回地対空ミサイルを使用したのは、他のミサイルに比べて安いためかもしれない」とし、「一発で1500万ドル近くかかる中距離ミサイルよりは、一発で300万ドルかかる短距離ミサイルを北朝鮮が選択した」と述べた。

7000万ドルも北朝鮮にとっては相当な金額だ。これは、北朝鮮が1カ月間必要な物品を輸入するのに必要な金額に匹敵する。

北朝鮮が8月に中国から輸入した物品の規模は7154万ドル、9月には9007万ドルだった。

7000万ドルはコロナ禍以前に北朝鮮が1年間中国から輸入した全体コメの規模でもある。コロナ禍以降はコメの輸入が大幅に減り、この水準を回復できずにいる。

このようにコメの輸入もできずにいる状況で、10時間にわたって7000万ドルをミサイル発射に使うのは反人倫的だという指摘も出ている。

米民主主義防衛財団(FDD)のデビッド・マクスウェル上級研究員は、「北朝鮮政権は住民の福祉は後回しにし、ミサイル試験と軍事力増強だけに莫大なお金をつぎ込んでいる」とし、「住民の福祉より武器を優先するという北朝鮮政権の決定は、人権蹂躙と反人倫的犯罪の一つに過ぎない」と述べた。

一方、米農務省は先月の報告書で、北朝鮮の今年のコメ生産量が136万トンにとどまるものと予想した。

「苦難の行軍」を経験した1994年(約150万トン)以降最も低い水準で、コメの輸入を通じて住民の食糧難を解決しなければならない切迫した状況だ。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기