본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

欧州で新型コロナウイルス再流行の兆し…前週より8%増加、150万人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
冬が近づき欧州で新型コロナウイルス再流行の兆しがみられる。

CNNは7日、世界保健機関(WHO)のデータを引用し先週の欧州連合(EU)域内の感染者が前週より8%増加し150万人に達したと報道した。これは世界的に感染者数が減少傾向を維持しているのとは反対の傾向だ。

欧州では新型コロナウイルスによる入院患者も急増した。

イタリアの医療保健シンクタンクGIMBE財団によると、先月28日から今月4日までの1週間にイタリアでは新型コロナウイルスの症状がある入院患者が前週より32%増加した。集中治療をしなければならない入院患者は21%増加した。

同じ期間に英国でも入院患者が45%増えたことが確認された。

公衆保健専門家らはワクチンに対する疲労感と新たに承認されたワクチン類型に対する混乱が冬季の新型コロナウイルス再流行を促進するかも知れないと警告した。

これに先立ち欧州医薬品庁(EMA)は先月改良ワクチン2種を承認した。新型コロナウイルス初期ウイルスとオミクロン株(BA.1)に対応するワクチンと、新型コロナウイルス初期ウイルスとオミクロン株の下位変異株であるBA.4とBA.5に対応するワクチンだ。英国はBA.1に対応するワクチンだけ承認した。欧州は高齢者と免疫低下者など特定グループが改良ワクチンを打てるよう許可したが、対象者がワクチンの種類を選択するようにしており混乱が生じるほかないということだ。

また、新型コロナウイルス感染歴がある人たちが自身の免疫が維持され続けていると考えブースター接種に積極的に出ていない状態だ。

政府次元のワクチン接種関連キャンペーンも強くないという指摘が出ている。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のマーティン・マッキー教授は「接種に向けた大型キャンペーンが不足しており、『すべてが終わった』というメッセージが広まればワクチン使用が減るかもしれない」として新型コロナウイルス再流行が促進されかねないと話した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기