본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の素材・部品・装備輸入依存、中国・日本の順…半導体関連は日本依存度高い

ⓒ 中央日報日本語版
韓国の輸入品のうち特定国に対する依存度が75%以上の品目が600を超え、その半分以上は中国に依存していることが分かった。

共に民主党の金会在(キム・フェジェ)議員が産業通商資源部から提出を受けた資料「2022年上半期の特定国依存品目」によると、今年上半期、1000万ドル(約133億ウォン、約13億6700万円)以上の輸入品のうち特定国からの輸入額が75%以上となったのは計636品目だった。

国別の輸入依存度をみると、中国が全体の55.2%の351品目で最も多く、次いで日本(83品目、13.1%)、米国(49品目、7.7%)、ベトナム(20品目、3.1%)、ロシア(12品目、1.9%)などの順だった。これら輸入品のうち特定国への依存度が90%以上となったのは339品目。

このうち中国への依存が178品目で52.5%を占め、日本(48品目)、米国(27品目)、ベトナム(9品目)、ロシア(8品目)などが後に続いた。自動車バッテリーの核心素材と半導体の素材・部品・装備の場合、中国と日本への依存度が高かった。

半導体製造装備の場合、半導体ウェハーを個別チップに切断する機器は日本に100%依存し、ウェハー製造用ルツボ(99%)、半導体核心品目のフォトレジストを塗布・現像・硬化させる機械(98%)なども日本への依存度が高かった。

金議員は「まだ素材・部品・装備の自立は遠い」」とし「輸入多角化などサプライチェーン体系構築、素材・部品・装備の国産化のための支援に政府がさらに積極的に取り組む必要がある」と強調した。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기