본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

4回目のワクチン、なぜ打つ必要があるのか…オミクロン株2回目の感染者1万2947人=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

オミクロン株

今年1月新型コロナウイルス変異株の中でオミクロン株が優勢株になった後、オミクロン株に2回感染したと推定される人が約1万3000人に達することが明らかになった。

31日、疾病管理庁によると、今年1月オミクロン株の下位変異BA.1が優勢株になって以来2回感染した人が1万2947人(7月10日基準)となった。全体再感染者(7万7092人)の16.8%に達する。

オミクロン株の下位変異別にみると、BA.1が優勢株になった時期に1回感染して今年3月20日にBA.2が優勢株になって以降再び感染した人が1万200人だ。BA.2が優勢株になって以降2回感染した人も2654人に達する。1月1日~3月19日BA.1が優勢株になった時期に2回感染した人も93人だ。再感染の基準は1回目の感染時点から45日過ぎて再陽性と判明された場合をいう。

50代男性Aさんは今年2月初めに感染して最近再感染した。今回は筋肉痛と頭痛があり、喉の調子が悪く若干のせきがある。ただし、1回目の感染時より症状が弱い方だ。その時は肺炎初期症状に悪化し、パキロビッドの処方を受けた。Aさんは2回目の接種完了者だ。

全体再感染者の中にはデルタ株が優勢していた時期(昨年7~12月)に1回感染し、今年に入ってBA.2に再び感染した人が2万6612人(34.5%)で最も多かった。次に「デルタ+BA.1」が1万6004人で後に続いた。

疾病管理庁のパク・ヨンジュン疫学調査チーム長は「オミクロン株の細部変異別に優勢株になった時点に感染した場合を基準にしたものなので、必ずしも該当優勢株に感染したとみられない限界がある」と話した。すなわち、BA.1が優勢株になった時点(1.1~3.19)に感染したが、その時点に衰退してきたデルタ株に感染した場合もあるという意味だ。

今回の分析は7月10日まで感染者を対象にしたものなので、その後オミクロン株の感染者が急増したことを考えると、オミクロン株に限って2回感染した人がはるかに増加するものと推定される。

パク・ヨンジュン・チーム長は「オミクロン株の再感染を防ぐためにも4回目のワクチンを打つことを勧告する」として「今のワクチンがBA.2株とBA.5株を予防する効果に差がない」と話した。パク・チーム長は「再感染を少しでも防ぐ手段がワクチン接種だが、このような手段を使うのが合理的」と説明した。

ソウル大学病院感染内科のオ・ミョンドン教授は「デンマークの研究結果をみると、1回目の感染後1カ月過ぎれば再感染される可能性があるという。韓国でもそのような現象が現れる」として「問題は再感染された時、症状の深刻性が重要だが、様々なデータからみると、再感染時に症状が弱いため、再感染がそれほど心配する水準ではない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기